HOME > 採用情報 > 先輩メッセージ > 理学療法士

採用情報

お仕事内容を教えてください

デイサービスの理学療法士は、筋肉の収縮などの状態からどこの筋力が足りないかをアセスメントし、それをもとにトレーナーと一緒にご利用者様の機能回復をサポートしていきます。大学の理学療法学科で学び、資格を取得しましたが、実践経験はなく、また、この施設では私がはじめての理学療法士となるので、専門的なサポートができる体制づくりや環境づくりも、みなさんと相談しながら試行錯誤の毎日です。「ここに来たから良くなった、理学療法士がいるから通いたい」と思っていただけるように、現場での経験を積み重ねながら、休日には理学療法士学会のセミナーに参加したり、まだまだ勉強中です。

この仕事を選んだきっかけは何ですか?

在学中にいくつかの病院実習を受けました。病院では1単位20分という時間枠の中で必死にリハビリに励んでもらう日々の繰り返しでした。短い期間では大きな変化は見られないし、退院時にも、ご自宅でやってほしいことを資料として渡すことしかできません。退院後のフォローできないのが、理学療法士としてとても残念でした。
デイサービスでのリハビリは、長い期間、ゆっくりご利用者様と向き合って、しっかりコミュニケーションをとりながら、回復させていくことができます。回復していく様子を一緒に見ることができるのは病院の理学療法士にはない魅力です。もともと長期的に患者さんと向き合う医療に携わりたいという思いで理学療法士になったので、それを実現できるデイサービスでの理学療法士の道を選びました。実際にリハビリで改善した姿を見ることができるのは、とても嬉しく、やりがいを感じます。毎日、刺激もあり、ご利用者様に自分が受け入れられていると感じられるのがとても嬉しいです。

職場や会社の雰囲気はどうですか?

就職活動でこの施設に見学に訪れた際に、ご利用者様もスタッフもみんなが笑顔で過ごしている明るい雰囲気がとても印象的でした。ご利用者様からも「ここは良いところよ」と声をかけていただき、直感でこの会社への就職を決めました。今でも、その印象は変わっていません。
この会社の理念でもある"地域貢献"には、私自身も強い思いがあります。私はずっと近所の己斐地区に住んでいますが、子供のころにお世話になったご近所の方たちも、この施設をご利用されています。私の子供のころを覚えてくれていた時は、嬉しくもあり、地域のつながりの大切さを感じます。偶然にも私の母もケアマネージャーに勧められ、この施設を利用しています。この先、世代が変わっていっても、地域とその家族を繋いでいける仕事がしたいという私の理想も、家族のようなアットホームなこのチームで、ご利用者様に一人ひとり手厚くに向き合うことで、きっと実現できると感じています。私には2歳の子供がいますが、家庭の事情にも融通を利かせていただけるので、子供を育てながらでも働きやすい環境です。

これからの目標を教えてください

身体機能が回復して、体が元気になれば精神面も安定すると思っていますが、もっと精神面でもフォローできる理学療法士を目指したいと思っています。心理カウンセラーの資格は取得しましたが、もっと経験を積むことで、ご利用者様の気持ちに寄り添える理学療法士になりたいです。また、歌を唄うことが好きで、入社前にもバイオリン奏者と一緒に、この施設でクリスマスコンサートをさせていただきました。この趣味を活かして、音楽療法につながるような活動もやってみたいと思っています。

先輩メッセージ
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ02
  3. 先輩メッセージ03
  4. 先輩メッセージ04
  5. 先輩メッセージ05
  6. 先輩メッセージ06
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ02
  3. 先輩メッセージ03
  4. 先輩メッセージ04