お問い合わせ

採用情報

先輩メッセージ02

この会社を選んだ決め手は何ですか?

薬剤師としての業務の他に、管理薬剤師として、薬剤師や医薬品の管理、医薬品の適切な情報提供、副作⽤情報の収集、報告など、店舗責任者として店舗のマネジメントにあたっています。店舗責任者として、地域の医師や外部の地域包括支援センターや他業種の方との人脈づくりや信頼関係を築くことも重要です。
私は薬剤師という仕事が合っているのだろうと思います。“薬剤師は町の科学者である”という⾔葉がありますが、薬のことだけでなく、何でも気軽に相談できる薬剤師でありたいとの思いから調剤薬局を志望しました。予防医学を企業ミッションとして取り組んでいる会社のビジョンと、⾃分が⽬指す薬剤師像が一致していました。この会社には、⾃分のなりたい薬剤師に少しでも早く近づけるための環境が揃っていると感じています。

この仕事への思いや今後の課題は?

これからの調剤薬局は、調剤だけでは成りたちません。数年前から少しずつ対物から対人にシフトしてきています。
地域と連携した活動がますます重要になってくる中で、自分自身が介護について知識がなく、勉強の必要性を感じ、数年前にケアマネジャーの資格を取得しました。介護の予備知識があることで、在宅の打ち合せなども介護系の方々とスムーズに話が進められます。介護保険の適用されている患者様が、どんなサービスを受けているかを聞き出したり、サービスをご紹介する上でも介護の知識が必要なので、業務にも大いに役立っていると思います。
また、サプリメントが好きなこともあり、健康食品管理士の資格も取得しました。栄養科学的な根拠をもとにサプリメントや健康食品のお話をさせていただいたり、医薬品とサプリメントの相互作用の面でも役立っていると思います。私は薬剤師として、カウンター以外のところでも、患者様の生活を支えることが大事だと思っています。介護と健康管理という2つの面で、これらの資格が患者様の健康を理解し、支えることにつながると感じているので、この2方面の知識をもっと深めていきたいと思っています。

今後、やってみたいことはありますか?

今後、もっと多職種との連携に⼒を⼊れていきたいと思います。介護の現場で、薬剤師がどう関われるのか、何ができるかなど、薬剤師の業務に対する知名度がまだまだ低いのが現状です。地域包括⽀援センターや⾃治体主催の会議への参加や、介護施設への訪問等により、薬剤師が活躍できる機会を増やせるよう働きかけていきたいと考えています。
介護⽀援専⾨員の知識を⽣かし、医療の⽴場、介護の⽴場の両⽅の視点を持って、多職種と連携し、患者さんが地域で円滑に薬剤師のサービスが受けられるような仕組み作りに関わりたいと思います。
グループ会社との連携の強化も今後の⽬標です。介護分野での師匠も沢⼭いらっしゃるので、⾊々教えていただきながら、もっと質の⾼いサービスを提供できるように努⼒したいと考えています。

先輩メッセージ
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ02
  3. 先輩メッセージ03
  4. 先輩メッセージ04
  5. 先輩メッセージ04
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ04
  3. 先輩メッセージ03
  4. 先輩メッセージ04
  5. 先輩メッセージ05