HOME > 地域支援活動

地域支援活動

【開催日】2017年8月1日
【参加費】無料

第6回目となるこいサロンは、暑さ厳しい中、17名の方が参加してくださいました。

今回のミニ講座は、タウン薬局高取店の薬剤師の大和が担当し、「食後血糖」について話しました。
まずは、糖の流れを説明し、その後に血糖値が高くなると何が起こるのかや、予防するための食事の摂り方などを、分かりやすい言葉で説明をしたために、皆さん聞き入っている様子でした。
血糖値の上昇を緩やかにする食事の摂り方はちょっとした工夫だけなので、ぜひ今日から取り入れていただければと思います。
今回はいつも健康フェアやこいサロンでお世話になっている株式会社フレスタ様の宗兼様とフレスタ己斐上店の高橋店長もご参加くださいました。
挨拶の言葉では、地域の方に寄り添い、“食”を通して健康のお手伝いをしているフレスタ様の想いが伝わってきました。
最後にデイサービスセンターここから己斐のトレーナーの宮里が運動を担当しました。
座って出来る体操や脳トレにもなる運動を行い、第6回目のこいサロンを終了しました。

次回は、9月5日(火)の13:30~15:00です。

(平野 清子)

【開催日】2017年7月27日
【参加費】無料

安芸区の中野公民館において、“わくわくサイエンスショー”を開催しました。
今回は広島国際大学薬学部、中野公民館、そしてタウン薬局との共催で行い、45名の小学生の参加がありました。
第1部は、タウン薬局によるサイエンスショーで、まずは4つのコーナーを薬剤師が担当し、それぞれの内容について説明をしました。

(続きは、こちらをご覧ください。)

 

また、広島国際大学のブログ「とれたてヒロコク便」にもサイエンスショーの様子が掲載されています。

 とれたてヒロコク便
 http://www.hirokoku-u.ac.jp/hirokokubin/?p=14751

(滝本 桃子)

【開催日】2017年7月26日
【参加費】無料

中区の竹屋児童館で手洗い教室を開催し、竹屋小学校の1年生と2年生の生徒、28名が参加しました。

「ばいきんと手洗い」という表題で、以下のお話をさせて頂きました。
・ばいきん(細菌やウイルス)と病気について
・手洗いとうがいの重要性
・具体的な手洗いの方法
手洗いの話をした後で、一緒にDVDを見ながら、歌に合わせて練習をしました。
最後に、手洗いチェッカーを使って、洗い残しのある部分を実際に目で見て確認してもらいました。
生徒の皆さんは、質問に対しても非常に積極的で、講師である私の方も一緒になって張り切って、楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回ご依頼をくださいました竹屋児童館の中村館長に心よりお礼申し上げます。

(タウン薬局 高取店 小林 秀人)

【開催日】2017年7月24日
【参加費】無料

今回は己斐上公民館にお邪魔し、睡眠講座&運動を行いました。

参加してくださったのは、「いきいき生涯大学」の皆さんで、35名の参加がありました。
会場に入ると、いつもここからキャンパスやデイサービスセンターここから己斐、タウン薬局己斐店をご利用してくださっている方や、こいサロンに来てくださっている方が10名近くおられ、とても話しやすい雰囲気の中、講座を行うことが出来ました。
講義は、前半は睡眠のしくみ、後半は熱帯夜の快眠方法について話しました。
デイサービスセンターここから己斐からは、管理者の久渡とトレーナーの藤木が来てくれました。
運動指導では、トレーナーの藤木の声に負けないぐらいのおおきな声で皆さんが掛け声を掛けていたのが、印象的でした。

今回ご依頼を頂きました己斐上公民館の井上館長、そして担当してくださった新畑主事に心よりお礼申し上げます。

(平野 清子)

【開催日】2017年7月24日
【参加費】無料

今回はフレスタ横川店のおいしさスタジオで、「熱帯夜でもぐっすり快眠法~夜間も注意!熱中症~」という内容で健康教室を開催しました。

今年は暑さが厳しく、夜間も室温が25℃以上になる熱帯夜が続いています。
そんな暑い夜でもぐっすり眠れる方法についてお伝えしました。
ヒトは体温が下がる時に眠くなるのですが、この時期に体温が下がらない原因として脱水が考えられます。
そのため、後半では大塚製薬工場の小島様に脱水について講義をお願いしました。
冒頭に熱中症で救急搬送される方の現状から話していただき、その後に脱水になる原因や対処方法などについて説明していただきました。
最後に、皆さんでOS-1の試飲をしましたが、“思っていたより飲みやすかった“というご意見が多かったです。
熱中症は半数が屋内で起こっており、夜間に起こることも多いですので、こまめに水分を摂り、しっかり体温を下げながら、暑い夜でも気持ちよく寝て頂けると幸いです。

今回ご依頼をくださいました株式会社フレスタ本社の迫本様に心よりお礼申し上げます。

(平野 清子)

【開催日】2017年7月22日
【参加費】無料

津村自治会のいきいきサロンにおいて「減塩と低GI」というタイトルでお話しをさせていただきました。

和やかな雰囲気の中、皆様の熱心な姿勢や暖かいお心遣いで滞りなく進めさせていただくことができました。
テーマに沿って、前半に塩分を減らす工夫を中心とした減塩のお話を、後半は血糖値の上昇を抑えることの大切さを説明した上で、低GIの食材やGI値を下げるポイントまで幅広くお話させていただきました。
講義だけでなく試食やクイズなども交えながら行ったのですが、減塩で実践していることがあるとの声も聞かれ、気をつけていただいている方もいらっしゃることを実感致しました。
また、クイズの正解率も上々で皆様の意識の高さも同時に伺うことができ、とても有意義な時間となりました。

今回、ご依頼をいただきました、津村自治会の山根様に心より感謝申し上げます。

(小柳 賀寿恵)

【開催日】2017年7月20日
【参加費】無料

今回は、タウン薬局ナタリー店に勤務している薬剤師の河内が講師を務め、「病気にならないための食養生」について話しました。

河内は中国で漢方を学んだ経験があり、今回は東洋医学の考え方で“食”について説明しました。
昔から中国では「薬食同源」という食べ物と薬物は同じ源という考え方があり、食材の機能性を含めた食育は薬剤師の出番です。
河内からは、食材の四気と五味、薬味の効能について説明がありました。
ここからサロンでの漢方講座は初めてだったのですが、今までで一番多い16名の参加があり、講座終了後には皆さん熱心に質問をされていました。
きっと、今日の講座を聞いたことで、今まで意識せずに口にしていた食べ物の効能や食べ方を考えるよいきっかけになったのではと思います。
講座の後には、デイサービスセンターここから阿品の松田トレーナーが正しいスクワットの方法の指導を行い、皆さんで一緒に体験してみました。

次回のここからサロンは8月24日(木)の10:00~11:30です。

(平野 清子)

【開催日】2017年7月18日
【参加費】無料

第5回目のこいサロンは、暑い中での開催にも関わらず、15名の方が参加してくださいました。

今回は、“介護保険制度”をテーマに、ここから阿品居宅介護支援事業所のケアマネジャーの高久保がお話ししました。
参加者の中には、すでに介護経験のある方、介護についてとても身近に感じている方もおられ、介護保険料は納めているけど、実際にどの様に申請したらいいのか、どこに相談に行ったらいいのか等利用する為の最初の入口が分からない方も多くおられました。
講演の後に、「基本チェックリスト」というチェックシートを使って、運動・栄養・口腔・物忘れ・引きこもり・うつ状態について、現在の自分自身の状況の簡単なチェックを行いましたが、みなさん改めて生活状況の見直しや注意する所など再認識できたのではないかと思います。
講演の後は、ハイチェッカーを使い、肺年齢の測定を行いましたが、みなさんこちらも真剣に取組んでおられました。
こいサロンでは、毎回参加者の方々からありがたいお言葉を頂きますが、「今日も来て良かった」「少し難しかったけれど、とてもよく分かった」と、今回もご好評を頂きました。

次回は8月1日(火)13:30~15:30です。
まだ来られた事のない方も、ぜひ一度お気軽にお越しください。

(高久保 憲昭)

【開催日】2017年7月14日
【参加費】無料

今回は安芸区の瀬野児童館で手洗い教室を開催し、瀬野小学校の低学年の生徒29名が参加しました。

今回講師を務めてくれたのは、弊社の安芸中野店と安東店に実習に来ている安田女子大学薬学部5年生の高山さんと松島さん。
まずは、ばいきんがどんな所にいて、身体に入るとどうなるのかを説明し、病気にならないためには手洗いが大切であることを伝えました。
その後にDVDを見ながら子どもたちに手洗いの方法を学んでもらい、実際に手洗いチェッカーを使って、どんな部分に洗い残しがあるのかを理解してもらいました。
最後に、事前に学生が作ったスライム(きらきらスライムとマシュマロスライム)で遊んでもらい、遊んだ後はしっかり手洗いをしてもらいました。
DVDの歌を口ずさみながら一生懸命手を洗っている子どもの姿を見て、楽しく学び、そして実際に体験することの大切さを改めて感じました。

今回依頼をしてくださった瀬野児童館の西山館長にお礼申し上げます。
そして、高山さんと松島さん、楽しく、丁寧に伝えてくれて、ありがとうございました。

(平野 清子)

【開催日】2017年7月12日
【参加費】無料

廿日市市にあります宮内市民センターで、今年度2度目となる出張健康教室を開催しました。
今回のテーマは「睡眠」で、2部構成の講座と運動指導を行いました。

前半は睡眠健康指導士の滝本が睡眠のしくみや嗜好品の摂り方について説明し、その次に、松田トレーナーによる正しいスクワットの方法やテニスボールを使った筋肉をほぐす方法について指導がありました。
皆さん自宅でもやってみたいと思われたようで、使用するボールのことなどの具体的な質問が挙がっていました。
寝る前に筋肉をほぐすことはリラックスにつながりますので、質の良い睡眠を取るためにも役立ちます。
私もぜひ実践してみたいと思いました。
後半は平野が熱帯夜の快適睡眠の方法や不眠のタイプと薬について説明しました。
最近メディアで睡眠が取り上げられることが増え、睡眠に対する意識が高まってきていると感じておりますので、お声が掛かればどこへでも伺わせていただこうと思っております。

今回ご依頼くださった宮内市民センター所長橋本様、竹林様、ありがとうございました。

宮内市民センターでは、今年度3回健康教室を開催することが決まっており、次回は10月18日(水)の10:00~12:00、テーマは「生活習慣病」です。

(平野 清子)