HOME > 活動報告 > 「健康フェア」を開催しました

活動報告

【開催日】2018年5月18日、21日
【参加費】無料

あおぞら健診・内科クリニックで健診を受けて下さっている西川ゴムグループの西川物産(株)さんからご依頼を受けて、5月18日(金)、21日(月)に工場の昼休憩時間を利用して、健康フェアを開催しました。
従業員の方々への健診啓発の一環でしたが、内容にがん検診啓発、禁煙啓発も行って欲しいということでしたので、乳がんの模型、肺チェッカーを用意し、体組成計、血圧計、握力計も用意して行わせていただきました。
昼休憩の短い時間でしたが、体組成計に乗ったり、握力を測る機会もない珍しさからで計測して下さった方々や、若い方は自分の身体の状態に自信があるのを確かめるために測られたり、女性の方々は乳がん模型に興味があり、触られたりと沢山の方々に参加していただけました。
今回のフェアでは、日ごろピンクリボン39ビルの2階のサロンで勤務されている中津留さんや、ピンクリボンアドバイザーを取得しました安東店の永冨さんに乳がん検診啓発担当になって参加してもらい、新たな体制で行わせてもらいました。
この度、初めて健康フェアに参加した中津留さんの感想を載せさせていただきます。

(市原 央貴)

 

先日2日間の健康フェアに参加してきました。
私は、患者さんの悩みや不安を聞くことが多く、患者さんとの関わりが主なので、初めての健康フェア参加で乳がん検診をすすめる戸惑いもありました。
乳がん検診の啓発の呼びかけ、講演はしてきましたが、今回会社の社員さんへの啓発だったのですが、実際にお話しをしてみると乳がんへの関心・反応があまりなかったことにショックを受けました。
もっと乳がんのことや、どうして検診が必要かを知っていただきたいと同時にまだまだ私たち患者の啓発活動や願いが届いていないことに今回参加して気付かされました。
乳がん検診の大切さをもっと知ってもらうための私への課題ができました。

(中津留 雄美)