HOME > 採用情報 > 先輩メッセージ > 薬剤師

採用情報

先輩メッセージ01

この会社を選んだ決め手は何ですか?

以前は、調剤薬局勤務を経て、量販店でOTCに携わっていました。しばらく調剤の現場を離れている間に薬も新しくなってきたので、自分の中の薬のデータを更新するためにも、再度、調剤の道に戻ろうと思い、この会社に転職しました。
現在の店舗は女性が非常に多く、男性は私一人なので最初は戸惑いましたが、とても働きやすい環境です。最近は、どこの調剤薬局も女性がメインで活躍しているので、男性薬剤師は必要な場面で女性をフォローできればと思っています。

この仕事の面白さや今後の課題は?

これまで、タウン薬局のいろいろな店舗で勤務してきて、在宅訪問の重要さも感じています。在宅訪問では、ご家族以外にもケアマネージャー、訪問看護士、介護ヘルパーさんなど地域の他業種の方とどれだけ連携できるかが大切です。今後、業務の柱になるべきなのかもしれません。
また、薬局がセルフィメディケーションのお手伝いができるようになればと思っています。病院に行く前段階で何かお手伝いできる体制ができれば、薬のことだけでなく、幅広く患者さんのお役に立てるのではないかと思います。病気にならないための予防を指導していくのもセルフィメディケーションのひとつです。
この会社では、薬局の業務以外にも、地域住民の介護の相談場所である地域包括支援センターなどに出向いて、依頼があれば講師として講演をしたり、健康教室での健康相談などの活動もしています。
今までに経験をしたことのない活動ができることに、やりがいや面白さを感じています。

今後やってみたいことはありますか?

薬局外での活動は、ご高齢の方を対象にした講演やイベントがほとんどですが、今後は管理栄養士さんと連携して子供とそのご両親を対象にした食育指導をしてみたいと思っています。上海中医薬大学で漢方を学んだ知識を活かして、健康のために季節にあったものを食べるといった基本的な薬膳の考え方など、おばあちゃんの豆知識的なことを子供たちに伝える機会を作りたいと考えています。健康で長生きするためには、健康を育む食の積み重ねが大事だということも伝えていきたいです。

先輩メッセージ
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ02
  3. 先輩メッセージ03
  4. 先輩メッセージ04
  5. 先輩メッセージ05
  1. 先輩メッセージ01
  2. 先輩メッセージ03
  3. 先輩メッセージ04